ホーム > サービス : 品質改善コンサルティング

品質改善コンサルティング

高品質のソフトウェアを提供するために、上流工程から下流工程までのプロセス改善を、ご提案するとともに、チームビルド(立ち上げ)のお手伝いも致します。大規模から小規模、様々なソフトウェアの開発、品質保証など多くのプロジェクトの経験に基づき、お客様の現状を踏まえた上での品質向上を実現するコンサルティングを行います。

投資効果が見え難い品質改善への取組みは難しい

品質改善に対する取組みは、可視化することが難しく、投資対効果が見え難いという側面があります。また、ソフトウェア開発において、プログラミング優先となり、品質の確保が、疎かにされる場合や後回しにされる場合も多々見受けられます。とはいえ、開発競争力や利益確保、顧客信頼獲得などの点からも、品質を疎かにすべきではないということは広く認知されてきているものの、品質マネジメントに対するノウハウが蓄積されていない(あるいは蓄積することが出来ない)場合や適切な人材が社内にいない(育成されていない)場合に、暗中模索に陥ってしまうこともあります。

社風に合わせた形骸化しない仕組み作りを!

また、ソフトウェア開発業務および自社の業務内容に精通していない方が品質改善を進めた場合、どうしても教科書的な品質改善を進めてしまうことも少なくなく、会社風土に合わないこともあります。このような場合、どうしても品質改善プロセス自体が形骸化してくる可能性もあります。

当社の経験豊富なコンサルタントにお任せ下さい

当社の品質改善コンサルティングサービスは、組込みソフトウェアを始めとして、エンタープライズ系ソフトウェア、コンシューマ向けパッケージソフトウェアなどのあらゆるソフトウェア及びサービスに対し、大規模から小規模までのソフトウェア開発プロジェクトを経験し、設計からテストまでのソフトウェア開発プロセス全体をアセスメントすることの出来る経験豊富なコンサルタントが品質改善の基礎固めから組織化までを幅広く支援させていただきます。

ソフトウェアエンジニアリング及びマネジメントシステムの両面からアプローチ

ソフトウェアエンジニアリング及びマネジメントシステムの両面からソフトウェア開発活動の実態を把握。当社では、バグを作り込まない、バグを流出させないの2点を重要視し、バグを作り込まないために、要求定義、設計、実装までの開発工程から開発プロセスの現状を診断および分析し、開発プロセス改善のベースラインを提示させていただきます。また、バグを流出させないために、上流工程から次工程(お客様を含む)へ流出させないために、テストプロセスレベルの現状を診断及び分析し、テストプロセス改善のためのベースラインを提示させていただきます。

改善案を提示して終りません。お客様と共に改善を進めていきます

診断・分析し、プロセス改善する上で、優先度が高い問題や課題を特定していきます。それらの問題や課題に対して、現状分析からの会社風土に合わせた改善案を提示します。また、単に改善案をご提示するだけではなく、お客様と共に、改善案を実施することによって、お客様の社内における定着化までを支援致します。